多彩なプランがあるヘリコプター遊覧飛行

  • 気になるドクターヘリのパイロットの年収

    • ドクターヘリも現代ではそう珍しくはないくらい、広い公園がある街中でも見かけるようになりました。

      医療関係と関係のない環境で生活している人々にとっても、ドクターヘリが駆けつけるのを目撃するたびに、緊張感も伝わってくるかと思います。

      ドクターヘリの年収に関して最新情報を教えます。

      そんな患者さんの命に係わる仕事で且つ安全に病院へ運ぶ任務を任されているドクターヘリのパイロットの年収はとても気になるものです。まずヘリコプターのパイロットになるために操縦資格が必要になります。

      具体的には自家用操縦士と事業用操縦士の免許取得になります。
      これらの免許を国内で取得するのに3年から5年程度はかかると言われています。日本では免許取得するため基準がかなり厳しいため、かなりの時間がかかってしまいます。



      これがもしアメリカに渡って取得を目指す場合には、1年半ほどで取得できるケースもあります。ただ、その場合は日本での仕事は続けられませんから、仕事を一旦辞めて、週5日間、訓練や勉強に集中することになります。


      その後、運航を委託している企業の社員になる必要がありますから、パイロットを目指すのはかなりの難関と言えます。



      そのため、年収は800万円から1000万円ほどですが、これはあくまでもベテランパイロットの年収となります。
      人の命に係わる仕事ですから、高い技術と判断力が欠かせません。普段何気なく見ているドクターヘリですが、こうした厳しい道のりを超えて頑張って来た事実を知っておくことで、また見方が変わってくるでしょう。


top