多彩なプランがあるヘリコプター遊覧飛行

  • ジェット機のパイロットがいなくなる?

    • 今でもジェット機のパイロットは子供たちの憧れで夢の職業といってもいいでしょう。
      それが将来的には無くなる可能性が高いと考えられます。既にジェット機のパイロットは今でも操縦をほとんどしていません。

      しているのは機材の動作チェックをしているのが主な仕事になっています。


      操縦は自動運転で出来るようになっていて、この機能がちゃんと働いているのかを確認する業務がジェット機のパイロットの仕事となっているわけです。

      ジェット機のパイロットのことならこちらのサイトをご覧ください。

      そして、将来的にはそうしたチェックも自動化される事になると考えられます。そうなると当然パイロットは不要ですから、その仕事は亡くなるという事になります。

      人はどんなに習熟した人でも疲れますし判断を誤る事があります。
      ですが、自動運転になるとそうしたミスが極めて少なくなります。


      人が出来ないようなレベルでミスを低減できることが出来るので、これは間違いなく将来は自動運転が主流になるでしょう。



      今は自動車のような細かい運転ですら既に自動化されている時代ですから、決まった航路を飛ぶジェット機の操縦などは当たり前に出来るようになります。

      緊急時の対応も人よりも正確かつ確実にマニュアル通りにすることが出来るので、安全性という点では極めて優れたものとなる事が考えられます。子供たちの夢を奪ってしまう事になるかもしれませんが、子供たちにはまた違う方向で夢を見てもらうのが良いのかもしれません。



      人の操縦と自動操縦では比較にならないぐらいに自動操縦の方が優れていると考えられるので仕方がありません。


top