酸素カプセルはリースが良い理由

酸素カプセルは、あらゆるジャンルのスポーツなど競技の世界でトップアスリートが使用している事で話題ですが、目的は疲労の回復や怪我の回復が早まる事が期待できるからです。元々は宇宙飛行士の訓練で使用する事が目的で開発された酸素カプセルですが現在ではアスリートのみならず、誰でも酸素カプセルが体験できるサロンも増えています。具体的には、人一人分サイズの密閉型の容器に、加圧装置によって1.5気圧程度に加圧する事により、空気中の酸素を肺から取り込み易くするというものです。カプセルの中で横になることでより肺の奥まで酸素が届きやすくなっているのも特徴です。

登山用品店にある様ないわゆる酸素缶のスプレーとは違います、密閉空間に酸素缶をスプレーしたからといって、酸素カプセルにはならないのです。そもそも安全に考慮し、カプセル内部の酸素濃度が30パーセントを超えるものは国内販売されていません。しかし最近の研究では、酸素濃度を上昇させているモデルには糖尿病などの生活習慣病への改善効果が、確認されています。酸素カプセルには主に、ハードタイプとソフトタイプが存在し、折り畳む事が出来るソフトタイプは、密閉の利く特殊な布で作られており、よくアスリートが海外遠征に持って行く物の一つとして紹介されます。

ハードタイプは、金属と樹脂で出来ているので持ち運ぶ事は不可能でそれなりのスペースが必要になる為、主にスポーツ施設やジムで採用中です。気になる価格は、ハードタイプで100万円前後、ソフトタイプでもその半額位からと中々高額な価格設定なので、プロのアスリートでもリースを利用されている方が多く、カイロプラクティック整体院でも、リースでハードタイプを採用しています。疲労回復だけでなく、あらゆる可能性が発見されて来ているだけに取り入れたい所ですが、もっと普及するまではリースで賢く利用する事になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です